レンタルドレスは必ずサイズを確認しよう

結婚式の披露宴からパーティまで、ドレスはさまざまなシーンで利用する機会があります。しかし、購入すると高くつくことから、レンタルドレスを選ぶ方も少なくはありません。近年では、インターネット上から簡単にレンタルできる店も増えてきています。

もしもインターネット上から申し込む場合は、体型に合わないなど、サイズに関するトラブルが起きないよう注意が必要です。これからレンタルドレスを使う予定の方は、一度ご自身の寸法を計測し、寸法の表記をチェックしておくようにしましょう。特に測っておきたいのはバストとウエスト、ヒップの3ヶ所です。BWHはこれら3ヶ所の頭文字表記であり、洋服の基本となる場所です。レンタルドレスの表記を確認する際にも重要な目安になります。

ドレスとウエストなどのサイズがピッタリだとゆとりがなく、動きづらかったり窮屈さを感じてしまうため、レンタルする際は実寸に数センチのゆとりをもって選びます。反対に、ゆとりが多すぎると、胸元がブカブカになってしまったり、ウエストが太く見えてしまったりする原因になります。実寸と普段着ている洋服を参考に、細すぎず太すぎないちょうどよい大きさのものを選びましょう。